飯碗 波佐見焼 貫入十草 青

1,320円(税込)

数量
薄い水色の釉薬のツヤが滑らかで美しい器です。貫入によるクラックが全体に入っていて、藍色の十草模様が粋で涼しげな器です。

<商品詳細>
サイズ|直径11.5cm×高さ6cm



波佐見焼について
長崎県(東彼杵郡東彼杵町、川棚町および波佐見町)で主に生産されています。
白磁の美しさと、呉須(藍色)で絵付けされた繊細な染付の技術が特徴で、日用食器の一つで伝統的な「くらわんか碗」は丈夫で壊れにくく、波佐見焼の代表作になりました。
世界最大級の登り窯がかつてはあり、近年注目される産地の一つになっています。




貫入について

陶器が焼かれた後の冷えていく過程で、陶器本体の素地と釉薬の収縮度の違いにより
釉薬がヒビのような状態になって固まる現象です。
貫入のヒビのような模様は千差万別で、唯一無二の模様になっています。


■使用上の注意
・本製品はワレモノですので、お取り扱いには充分気を付けてください。
・ご使用の前には、水や湯でお洗いください。
・テーブルや食器棚の上で引きずらないでください。
・直火でのご使用はおやめください。
・材質および製造工程で生じる色の違いや、へこみ・黒い点などが発生致しますが、製品の特性でございます。製品ごとに違う風合いが特徴です。
・ご使用後は食器用洗剤で洗い、よく乾燥させてから収納してください。
・洗浄する際は、スチールたわしや研磨剤入りのスポンジを使用しないで下さい。本体に傷をつけ、破損の原因になります。